FC2ブログ

Entries

ドイツ、おとぎ話の街並みへ


お久しぶりです…。
いや~ほんとにお久しぶりです(-▽-;)

こんなに長い間放置するつもりなんて全くなかったのですが、
放置してる間、まぁ簡単に言うと身内の介助や車の送迎などなど、
自分にも歳相応な諸事情ってやつが巡ってきましてですね。
時間はあってもブログの気分じゃなかったという言いましょうか。

書いてない間も、食べ歩き飲み歩き、いろいろありました。
その模様はまた追々書いていけたらなぁ…なんて考えております。

と、いうわけで。

昨年はドイツに行った記事で終わってたワケですが。
ちょうど1年後の今年9月、なんとまたドイツに行ってきました。
どんだけ好きやね~ん(-▽-;)

今回のドイツ行の目的は本場ミュンヘンでのオクトーバーフェスト、
そしてかのルードヴィヒⅡ世が築城したノイシュバンシュタイン城。

だったのですが。

最後の日に立ち寄ったLandshut(ランツフート)という町。
この町があまりにも印象的だったので、まずはそれから。

083_20171022175436c8a.jpg

ミュンヘン中央駅から電車で10分も走れば、車窓に広がるこの風景。
世界に名だたるアウディやBMWの本社がある大都会・ミュンヘンですが、
郊外に行けば延々とこの田園風景が広がってました。

ちなみに、ランツフートはバイエルン州の地方都市で、
ミュンヘンから快速電車で約40分の所に位置します。
京都から奈良、大阪から明石、名古屋から瀬戸、東京から川口、
距離的にはだいたいそんなイメージっすかね~(^^)

085_2017102217544522a.jpg

ランツフート駅に到着後、タクシーでホテルまで。
チェックインしてすぐに町の散策へ繰り出しました。
1年前、同じ時期に行ったフランクフルトが暖かかったので油断してたら、
今年は既に冬のような寒さ…ナナカマドの実はすっかり赤く色付いてました。

(そしてしっかり風邪をひいて帰ったんだな…これが(-▽-;))

088_20171022175437c35.jpg

ランツフート市は、イザール川という川の両岸に開けた町でして、
ドイツ鉄道の駅からミューレン島という大きな中州を挟んで、
対岸に渡ると旧市街地。第二次大戦の爆撃を受けていないので、
昔ながらの街並みがそのまま残っていますのよ。
旧市街地の入り口の、橋のたもとそびえる教会が超立派~!!

105_20171022175440d4b.jpg

さて、旧市街地に入った途端、おとぎ話の挿絵の様な町並みが開けます。
石畳にパステルカラーの家々…なに、ここ、まじでおとぎ話の世界!
タイムスリップして異次元に迷い込んだみたいや~~~(@_@)

218.jpg

このカラフルな建物達の一階部分は普通に商業施設で、
景観を楽しみながらウィンドウショッピングもできちゃいます。
観光案内所もあるにはあるのですが、ドイツ語の地図しか置いてません。
外国人向けにはほとんど観光地化されてないので、
中国人の団体さんとすれ違うことも全くない…なんて貴重な町!

127_2017102217544224f.jpg

そして、ランツフートのシンボルがこの聖マルティン教会の塔です。
巨大な教会はなんとすべてレンガ積みでして、
レンガ積みの塔としては高さ世界一、なんと130m!!
真下まで行くとすごい迫力でして、とても写真には納まりません。

145_20171022175443a35.jpg

町を見下ろすように建つトラウスニッツ城の丘からの眺め。
いや~なんちゅう美しい町なんでしょう!!大感動でした(^^)

旅行前、ミュンヘン以外にどこに行こうかと思案中の折、
偶然見つけたブログでこの町が紹介されていたのを見て、
ほんまに軽い気持ちで訪れてみたのですが、これが見事にビンゴ!!!
ミュンヘンの何倍も写真を撮ってしまいました~\(^O^)/

158_20171022175434e53.jpg

ちなみに、トラウスニッツ城ってのがこれまた立派なお城!!
1204年創建だってんだから歴史も半端ないです(-▽-;)
(大阪城の築城が始まったのは1583年…)
王家にちなんだ「ランツフートの結婚式」という、
4年に一度しか開催されないお祭りが有名なんだそうです。

お城は無料、城壁内は誰でも自由に入ることができますが、
心臓破りのすんごい坂を登らにゃなりません…ひ~は~(-▽-;)

180.jpg

お城から降りてきて、聖マルティン教会の塔の見えるカフェで
ランツフートに来てからの初ビール!!
ウナーテル、という小さな醸造所のビール、美味しかったです(^^)

それにしても、旅行中は沢山飲んだな…本場だしな…ビール。
1日平均2リットルくらい飲んでたな…ビールと水ばっかりやったな…(-▽-;)

192.jpg

旧市街地中をヘトヘトになりながらも隈なく歩きまわり、
部屋飲み用のワインとチーズも調達したので、いざドイツ最後の晩ご飯!!
写真の界隈にある「Wirtshaus zum Hofreiter」というビアホールへ行きました。
前日までも散々行き倒してたけれど、最終日もやっぱりビアホール~(-▽-;)

211.jpg

ジョッキの「HB」はバイエルンを代表するビールの一つ、ホーフブロイのロゴ。
お料理は、奥のが鴨肉のサラダ、手前のは牛肉のビール煮です(^^)
鴨肉料理はバイエルンの名物なんだそうです。美味しかったっす~!!
それにしても、バイエルンの一皿はどれもデカかった…カロリー怖い(-▽-;)

011_20171024230637a03.jpg

そんなこんなで、旅行ガイドに掲載されない地方都市への訪問は、
想像以上に楽しく有意義なものとなりました(^^)
天候は曇ったり小雨だったりでしたが、それでも町の美しさは格別!
今頃は紅葉が加わって、もっと綺麗な景色なんでしょうねぇ(^^)
機会があれば、また今回みたいな鉄道旅したいものです。

この後、ランツフートからミュンヘン空港へ移動し、帰国の途に付きました。
今回のドイツは6泊8日、ミュンヘンに4泊、ノイシュバンシュタイン城のある
フュッセンというアルプスの麓の町に1泊、そして最後がランツフートでした。
ミュンヘンでのオクトーバーフェスト、そしてお城訪問などの模様はまた後日(^^)

…久しぶりのブログ。いろいろ勝手を忘れてますわ~(-▽-;)


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ  にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yukidaruma292.blog93.fc2.com/tb.php/1391-b064f0e9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

やま@奈良

Author:やま@奈良
奈良の酒飲みです。飲んだり食べたり旅したり。日々思いついたとりとめもないコトを書きとめとります。何卒よろしゅうに。

リンクはどフリー、お気軽に。素人写真でよろしければ(犬の写真以外)絶賛無断転載OKよ~ん。

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ユーザータグ

風景 イベント 立ち飲み 近鉄奈良 日本酒 花木 チビ 富雄 おやつ 家ごはん 奈良町 月のしずく 大和西大寺 散策 カフェ ワイン 京都 イタリアン 新大宮 居酒屋 サッカー ビール バール パン 音楽  外飲み バー フレンチ 学園前 カレー 木津川市 たこ焼き 海外旅行 京都サンガ アウトドア ランチ ミナミ 雨宮製麺所 串カツ VermilionField いろいろ キタ 地震 スパニッシュ 定食 神戸 バル きたまち 菖蒲池 家飲み JR奈良 生駒 餅飯殿商店街 洋食 パスタ 社寺 本町 南山城村 情報 ラーメン  高の原 和菓子 焼肉 商店街 焼鳥 そば お弁当 コーヒー 旅行 日々のこと BBQ サンドウィッチ キャンプ うどん お取り寄せ ビストロ 中華 蕎麦 ハイキング 焼き肉 ケーキ 大和八木 田原本町 天理市 桜井市 インド料理 ホルモン 絵画 昼飲み 大和高田 スマガザン 寺社 パーティー 難波 東向商店街 焼き鳥 大阪 カクテル 朝ごはん 精華町 チョコレート 屋台 昼酒 寿司 ホームパーティー 江戸堀 Vermilion ディナー 高槻市 お礼 ジャズ Field 温泉 笠置町 和食 マーケット 家庭料理 旅飲み 斑鳩町 裏ナンバ キッシュ ピザ 小西通 レシピ 香芝市 精進料理 ギフト 上海 マレーシア 宇陀市 ライブ ワイナリー 四ツ橋 食堂 イタリアンバール シャルキュトリ 御所市 天ぷら ショットバー 海外 トンカツ いただきもの 路地 葛城市  大阪市 ファストフード 梅田 お土産 ステーキ お祭り  ごあいさつ 甘いもの 橿原 モーニング 昼ごはん 月しずく 雑貨 奈良クラブ テイクアウト 中華料理 神社仏閣 まちなかバル 手土産 もちいどの商店街 贈り物 季節  生駒市 餃子 橿原市 食べ放題 広陵町 喫茶店 韓国料理 お好み焼き 城陽 ご挨拶 アート 角打ち はじめに 天王寺 大和高田市 

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

あんまりつぶやかないTwitter...

Twitter Reload

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる